ほろ酔い旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉首相、ようこそウズベキスタンへ!

<<   作成日時 : 2007/01/27 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今となっては、もはや時代遅れの話題ですが、
私がサマルカンドに着いたその日(2006年8月29日)は、
辞める直前の日本の総理大臣、小泉さんがサマルカンドに来ていました。

そんなことを知らなかった私は、まずは宿を決めた後、
「さあ、観光するぞ〜!」と、大いに張り切り町へと繰り出しました。
なにしろ、サマルカンドは私のこの旅一番のお目当ての地ですから・・・。

サマルカンドといえば、なんといってもレギスタン広場。
予想以上のその大きさに圧倒されながら、建物に近づいていくと、
「今日は日本のプレジデントが来るから、もう入場できない。
夕方5時以降に来れば、塔の上からきれいなパノラマをタダで見せてあげるよ♪
俺はここにいるから、5時だよ。オ〜ケ〜〜?」
と、なんだかとても軽いノリのポリスに言われました。

なんかよくわからないけど、日本のプレジデントとは小泉首相のことらしい。
どうやら彼がこの町に来ていて、ここを訪れるってことらしい。

仕方なく、広〜い広〜い広場の正面出口の方へと向っていくと、
今度は学生達が日の丸の旗を振りながら何やらやっています。
(私が広場へ入ったのは裏手の方から)

「小泉首相、ようこそウズベキスタンへいらっしゃいました!」

♪幸せなら手をたたこ(パンパン)、幸せなら手をたたこ(パンパン)
  幸せなら態度でしめそ〜よ、さあ、みんなで手をたたこ〜(パンパン)♪♪

画像画像
小泉首相お出迎えの練習のようです。

もしかして、ここにいれば小泉首相に会える(見れる)の?

などと思っていたらば、広場にいた人はみんな外に追い出されている。
で、私もなるべく時間稼ぎをしながら遠回りして広場を出ると、
いつの間にやら交通規制が布かれて、一般車両は通行止め、
広場に面した側の歩道も通行止め、反対側のみ通行可、
なぁんてことになっていました。

その辺にいるポリスに、「日本の首相はいつ来るの?」
と訊ねると、「あと30分くらいで来る」とのこと。

なら、ちょっと待ってみるかと、広場の正面の辺りで様子を伺うことに。
日本でだったらあんまり有難いとは思わないけど、
ウズベキスタンで日本の総理大臣に会ったとなると、
けっこうな記念になるかもしれない。
もしかしたら、声くらいかけてくれるかもしれない、な〜んてね。

ところが、いくら待っても待っても小泉首相は現れない。
別のポリスに聞いても、もうすぐ来るなんていってるけど、
ただただ時間は過ぎていくばかり・・・。

可哀相に、道路が規制されていることを知らずに自転車で通りすがった人たちは
わけもわからず、ことごとくタイヤの空気を抜かれていました。
なんて人迷惑な外国の総理大臣でしょう!!

1時間半くらい経って、小型バスやワゴン車などが3台ほど止まり、
ようやく首相到着かと思いきや、まだまだもったいぶります、
まずは日本のプレス御一行様の到着です。
一般人が立ち入り禁止のレギスタン広場へ、ドヤドヤと入っていきました。
その後暫くたっても、小泉さんは現れません・・・。

画像 
 な〜んか、こうやって待っていても、
 警備が厳しそうなので、小泉さんに会うどころか
 見ることもできないんじゃなかろうか?
 ここからは、レギスタン広場の中は見えないし。
 だとしたら、こんなことしてるのは時間の無駄?
 息子の孝太郎に会えるわけでもあるまいし・・・。

 実はさっきから、日本の首相のことなど無関心で
 通り過ぎて行く、地元の人たちが気になってます。
 カラフルな服装の女性たち、
 市場帰りらしき大きな荷物を抱えてる人たち・・・。

「小泉首相はもういいや!」
これだけ散々ぱら待ったけど、写真を撮りに行きたい!
という気持ちの方が勝ったので、潔くその場を立ち去ることにしました。

裏道に入って写真を撮ったり、軽く食事をしたりして戻って来た時には、
もう小泉さんが去った後らしく、厳戒態勢は解かれておりました。

夜、同じ宿に泊まっていた日本人客に聞くところによると、
レギスタン広場ばかりか、他の観光名所すべてが入場規制されていたとか。
そればかりか、日本大使館からホテルへ、午後から外出を控えるようにと
そんなお達しまで出ていたんだとか・・・。
(昼過ぎに着いた私に、宿のおじさんは何も言ってなかったけど・・・)

怒った泊り客の一人のおじさん、日本大使館へ抗議の電話を入れたそうで、
そしたら何度かお詫びの電話が大使館からかかってきたらしいです。

地元の人にも迷惑でしょうが、観光客にとっても迷惑な話です。
「いったい何様だ〜っ!」って、日本の総理大臣かぁ。

翌日、レギスタン広場の前で一緒に小泉さんを待っていた
日本語を話せるお兄ちゃんに会ったらば、小泉さんが立ち去る前に
日本のJAICAの人たちとお喋りし、ついでに(?)そのお兄ちゃんも
声をかけてもらえたと、喜んでおりました。

画像


 ってことで、あと数日で辞める、
 日本の総理大臣のお騒がせ外遊でした。

 で、いったい彼、何しに行ったんでしたっけ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小泉首相、ようこそウズベキスタンへ! ほろ酔い旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる